肩こり 関節痛 薬

肩こりや関節痛の薬で売れ筋の市販薬を紹介!

肩こりや関節痛の薬でおすすめの市販薬を成分や効能・効果、売れ筋などを参考にランキングで紹介しています。

 

 

肩こりや関節痛は中年以降でとても多くの方が悩みをかかえている症状です。

 

肩こり・関節痛に対応している健康食品やサプリメントもたくさんありますが、症状を根本から緩和するには効能・効果が認められている医薬品を使った方がよいでしょう。

 

市販薬もたくさんの種類が販売されているので、それぞれのお薬の特徴や作用の仕方などを詳しく知ることが大切です。

 

次からのランキングでは含まれている成分や価格、おすすめポイントについてもチェックすることができます。

 

つらい肩こりや関節痛を改善したいという方のお薬選びに、参考になれば幸いです。

 

肩こりや関節痛の薬ってそもそも効くの?

40代以降になると、肩こりや腰痛、ひざや股関節などなど、ふしぶしの痛みに悩む人が増えてきます。

 

 

こうした症状は、根本的には体質や生活習慣、使い過ぎなどさまざまな要因で起こってしまいます。

 

結果、組織の血流や代謝が低下したり、神経機能が乱れることで肩こり、関節痛といった諸症状が現れるんですね。

 

体に痛みがある時、対処として痛み止めや湿布薬などを使うという方も多いのではないでしょうか。

 

ただこういったお薬は、その場の肩こりや関節痛を抑えるのには適していますが、こうした諸症状の根本的な解決にはなりません。

 

やはり効能・効果が認められた医薬品を使った方が、症状を緩和するのに適しています。

 

最近では、肩こりや関節痛のメカニズムもよく研究され、こうした症状に有効性が認められた市販薬も販売されるようになりました。

 

これらの市販薬の特徴としては、血流や代謝を促進することで患部の修復力を促進したり、軟骨や神経の栄養をサポートすることで痛みの原因にアプローチする成分が含まれています。

 

中でも第3類医薬品は人気があります。

 

第1類・第2類医薬品のような強い作用はないので症状がすぐに改善するというようなことはありませんが、血流や代謝を改善する作用でじわじわと症状の根本から効いてくるタイプですね。

 

ランキングで上位のお薬は、どれも肩こりや関節痛に有効性・安全性が認められた第3類医薬品ばかりです。

 

とくに1位・2位のお薬はどちらも売れ筋ですので、価格や成分を参考にしてみてください!

肩こり・関節痛におすすめの市販薬ランキング

【肩こり・関節痛の薬ランキング1位 トンデケア】の特徴

あき竹城さん、九重親方のテレビCMで人気の医薬品
・肩こりや関節痛・神経痛といったつらい症状を緩和してくれる市販薬
・腰痛、手足のしびれ、眼精疲労などの症状の緩和にもおすすめ
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB1、B6、B12の補給に
・第3類医薬品なので穏やかな効き目が特徴
・コンドロイチンの含有はないが、7つの有効成分が痛みの原因に直接働きかけ、症状を緩和
・定期2個セットに申し込めば「ヒザらくらくサポーター」がプレゼント

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
【肩こり・関節痛の薬ランキング1位 トンデケア】の総評

肩こりや関節痛・神経痛に穏やかな効き目が特徴の第3種医薬品です。

関節痛の薬に特徴的なグルコサミンやコンドロイチンといった成分は含まれてませんが、7つの有効成分の働きで、痛みの症状をしっかり緩和させています。

効き目が緩やかで、肩こりや関節痛に身体の内側からじっくり効いてくるので、安心して服用することができます。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから申し込めば初回限定で3,675円とお得に購入することができます。

また定期購入なら2回目以降も10%OFFになりますので大変お得です。

定期購入でも商品の最低受け取り回数の縛りはないので、いつでも解約できますよ。

定期コースなら送料や手数料も無料なので、とてもお試ししやすい商品です。

【肩こり・関節痛の薬ランキング2位 リョウシンJV錠】の特徴

体の内側から6つの有効成分で痛みを緩和、飲んで効く医薬品
 ・肩こりや関節痛の緩和に飲んで効く第3類医薬品
・他にも神経痛や筋肉痛や眼精疲労に有効
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給に
・服用は1日たった1回(2~3錠)だけ、好きなタイミングで飲めばOK
・初回限定価格が1,900円で、最初の1ヶ月が1日わずか61円・

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
【肩こり・関節痛の薬ランキング2位 リョウシンJV錠】の総評

つらい肩こりや関節痛の症状に、服用することで体の内側から効く医薬品。

6つの有効成分が、肩こりや膝、腰などの関節痛、神経痛をじっくり緩和していきます。
副作用の心配な人でも第3類医薬品なので、長く継続しても安心です。

価格は3,800円なのですが、公式サイトから申し込めば初回限定で1,900円にて購入できます。

1日1回服用すれば良いのでランニングコストはリーズナブルで、非常にお試ししやすい商品です。

ほかの商品と比べても、価格がとても手頃なので、長く続ても経済的な負担が少なくすみます。

【肩こり・関節痛の薬ランキング3位 グルコンEX錠プラス】の特徴

累計販売本数400万本突破!コンドロイチンを900mg配合
・肩こりや関節痛に飲んで効く第三類医薬品
・コンドロイチンは国が定める製造承認基準の上限量900mgを含有(欧州でのエビデンス量もクリア)
・ひざの痛みや五十肩などの辛い関節痛でお悩みの方に
・肩こり、腰痛、筋肉痛のケアに
・神経痛や手足のしびれ等の神経症状に
・肉体疲労時や眼精疲労にもおすすめ 
・妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給に
・商品の購入後のアフターサポートも充実、日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスが受けられる

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
【肩こり・関節痛の薬ランキング3位 グルコンEX錠プラス】の総評

肩こりや関節痛に効能・効果が認められている第3類医薬品です。

他にも神経痛や筋肉痛、手足のしびれ、肉体疲労など幅広い諸症状に対応しているため、常備薬としても人気があり、累計販売本数はなんと400万本を突破しています。


人気の秘密は肩こりや関節痛に有効な成分がしっかり含まれていること、そして関節軟骨の保水性・クッション性を高めるコンドロイチンを国が定める製造承認基準の上限量900mgも含有していることでしょう。

肩こり・関節痛の原因に作用しながら症状を緩和していくタイプの薬なので、ただ痛みを抑えるだけの薬でなく、根本的な解決になります。

通常価格は7,178円ですが、公式サイトから定期便で申し込めば初回限定で1,980円の特別価格で購入できるので、お試ししやすいです。


定期コースでも継続の縛りがなく、もし合わなければすぐに解約できますので、安心して購入できるでしょう。

 

▲ページトップへ

肩こりや関節痛におすすめの薬は1位のトンデケア

肩こりや関節痛に効く薬で私がおすすめするのは、ランキングで1位のトンデケアです。

 

 

一番おすすめのポイントは公式サイトからの初回限定価格です。

 

トンデケアは公式サイトから定期便で申し込むと、通常4,980円が初回限定で3,675円で購入できるのでとてもお得です。

 

もちろん価格だけでなく、諸症状に効く成分もしっかり入っています。

 

2位のリョウシンJV錠の方が通常価格は安いのですが、配合成分量はトンデケアの方が圧倒的に多いです。

 

とくにビタミン類は非常に多く配合されているので、肉体疲労時の栄養補給や眼精疲労にも有効です。

 

神経痛や手足のしびれに効く成分も十分配合されているのでとても売れているお薬です。

 

他にも妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のB1、B6、B12の補給に有効なので、お家の常備薬としても1本は置いておくと重宝しますよ。

 

配合成分と効能・効果、価格、口コミでの評判、購入後のサポート体制などをトータルで考えると、グルコンEX錠プラスはダントツでおすすめのお薬です!

 

 

▲肩こり・関節痛におすすめの市販薬ランキングへ

肩こりや関節痛になるおもな原因

若い時にはどんなに動いても肩がこったり、関節を傷めたりすることはあまりありませんでした。

 

肩こりや関節痛になるおもな原因

 

ところが年が進むにつれ、ちょっと無理をするとすぐに体に反動が出るようになってきます。

 

肩こりや関節痛なんて、昔はイメージすることすら難しかったのに。

 

そもそも肩こりや関節痛はどのようにしておこるのでしょうか。

 

肩こりは肩周辺の筋肉や関節が硬くなりかたまっている状態で、関節痛は関節に負担がかかりすぎて、関節の軟骨や靭帯、筋肉を損傷している状態です。

 

どちらも筋肉や関節に柔軟性があり、血流がしっかり循環していれば起こりづらいですし、発症しても治りやすいといえます。

 

筋肉や関節の組織を損傷しても、痛みが軽ければ損傷も小さく、自然に治癒していくでしょう。

 

逆に損傷が強ければ痛みは強く、日常生活でも支障をきたすでしょう。

 

場合によっては関節の炎症や肉離れなど、重症になる場合もあるので注意しなければなりません。

 

症状が重症で日常生活に支障をきたすような場合は、すみやかに専門家に診てもらいましょう。

 

この肩こりや関節痛というのは、若いころは多少疲れたり運動をやりすぎても、発症することは少なく、起こっても数日で治ってしまいました。

 

若いころの肉体は水分量に富み組織の血行も良いので、硬くなったり傷めたりすることが比較的少ないんですね。

 

もし痛めても循環が良いので治癒力が高いため、自然に治るのも早いんです。

 

ところが筋肉や関節というのは加齢とともに水分量が減少するため柔軟性が低下し、また硬くなりやすいため血液循環も低迷します。

 

筋肉や関節が硬いと少し負担がかかるだけでも痛めやすくなり、また一度痛めると治癒するのに時間がかかるようになります。

 

だから若いころのように身体の柔軟性を維持し、組織に水分や酸素・栄養素がめぐるようにしてあげることがとても大切なんですね。

 

それには全身の血液循環を促進することがとても重要です。

 

血液がしっかり循環していれば筋肉や関節などの組織に、水分や栄養素、酸素がしっかりと行きわたります。

 

筋肉や関節の水分量が減少すると組織の柔軟性も低下するため、血行がよく水分代謝のよい状態なら柔軟性も高まります。

 

また循環が良く栄養や酸素をしっかり運んでくれれば、組織も正常に働き、修復力も強くなるでしょう。

 

血液循環を促すには適度に運動し、食生活に注意することがとても重要です。

 

肩こりや関節痛には運動が大事

 

日常生活に運動を取り入れることで、筋肉や関節がほぐれ体が温まり全身の循環が良くなるので、非常に効果があるでしょう。

 

食事で多くの栄養素をバランスよく摂ることで、血液自体がドロドロになることを防いだり、血管が硬くなるのを防いだりできるので、その結果、全身の循環に大きく影響します。

 

加齢とともに肩こりが慢性化したり、すぐに関節痛を起こしたりするのは仕方ないと思っている方も多いみたいですが、生活習慣を少し意識するだけで体が硬くなる現象を十分防げます。

 

血液循環を良い状態にしてあげることは、さまざまな病気の予防にもなるので、日ごろから積極的に意識していきましょう。

 

▲ページトップへ